2×4工法  〜優れた防火性と施工のしやすさ〜
 

  2×4のルーツは19世紀の北米で、2インチ(38mm)と4インチ(89mm)の木材が多く使われていたため、
2×4(ツーバイフォー)と呼ばれるようになりました。現在ではアメリカ、カナダの木造住宅の90%以上が2×4工法であり、
ヨーロッパをはじめ世界各国に普及しています。日本でも、札幌の時計台が2×4の原型となる工法で建てられています。
2×4工法では、床や壁の内部に
埋め込まれている断熱材、火の通り道を
シャットアウトする「ファイヤーストップ構造」で
火災時の火の回りを遅くします。
2×4住宅の火災保険掛け率は
左記の耐火構造によって在来工法住宅と
比較すると、約1/2になります
 

従来鉄骨軸組工法
加えた力が柱や接合部などに集中。
部分的に負担がかかりやすい
構造であることがわかります。

2×4工法
枠組みされた木部材と構造用合板が
「面」となって揺れの力を受け止め、
分散・吸収していることがわかります。
 

近年小屋裏スペースが1/8未満から1/2未満まで
面積に含めず利用することが可能になりました。
つまり建物の容積率に含まれないボーナス
空間が従来の4倍も拡大したわけです。

2×4では小屋の構造が空洞化している為、
小屋裏の利用が有利に出来ます。


 在来工法とツーバイ工法は、どちらの工事費が安いの? 
  在来工法では、木材をあらかじめ工場加工(プレカット)されて現場に到着します。
  工期日程も短縮され、大工さんの手間賃が比較的安くなりましたが、人工乾燥やプレカット加工費が加算されます。
  ツーバイ工法では木材の加工がほとんどいりませんが、柱が無いため、大量の釘を使い細材を柱に見立てて使いますので、釘や大工さんの手間賃はやや高くなります。
   よって当社では、両工法ともほぼ同じくらいのコストと言えます。
 どの工法がおすすめなの?
   当社では、両工法のご説明をお客様に致しております。
   その上で、どの工法がお客様にとって一番適している工法なのかを、アドバイスさせていただいております。
   ご自分達にあった工法がどれなのかをご一緒に考えましょう。